必見!テレワークパソコンの選び方!!

必見!テレワークパソコンの選び方!!

みなさんこんにちは♪

今や毎月書いてる会社ブロガー大佐です。

さあ、7月は梅雨が長引きなかなか暑くならないなと思ってたら、

急に猛暑になり私の故郷である桐生市は40,5度を記録し日本一暑い場所になってしまいました。。。

その日は友達とあっていたのですが、

車のエアコンをマックスにしても冷えるまでいつもより時間がかかっていて

外気温をみたら45度になっていました!!!

アスファルトの上で車の熱気が合わさりもはや生存不可能な環境です(笑)

 

さてさて、前置きが長くなりましたが今回は、ガジェットについて書いてみようと思います。

というのも、今使ってるパソコンがかなりのお古でして今後IT化を進めていくにあたって

新しいパソコンを導入することになりました。

このブログを書いている時点ではまだ決まってませんが,

ガジェットも好きな大佐なのでちょっとオタク話になっちゃうけど,

どんなパソコンが良いか悩んでいる方はぜひ最後まで読んでね!

 

最近コロナの影響でテレワークが進んでいるみたいで、

物流サービスも出来る人はテレワークを行って感染拡大防止と業務効率化を図っています。

みなさんも、会社でテレワークやっていますという人もいるんじゃないですかねえー

 

そんな時に必須なのがノートパソコンです。

ちなみに英語ではLaptop(ラップトップ)って言います。

 

テレワークに必要な処理能力は意外と大きいです。

オンライン会議、クラウド接続、チャット、動画、画像処理などなど、

日々の業務で行っている様々なタスクを処理できなくてはいけませんね。

 

CPU(パソコンの頭脳)でいうと、インテルcorei5とかcorei7とかいうものがいいでしょう。

メモリーのほうも必要になります。

メモリーとは、作業机のようなものなので、

いくらCPUが強くても作業する机が小さければその力を発揮することはできません。

よくある組み合わせとして、corei58GBメモリーというのがあります。

これはだいたい中間くらいのスペックになります。

 

動画や画像など、大きなデータを処理することが多いという人は、さらに強いパソコンが必要です。

例えば、corei7の32GBメモリーです。

このCPUをもつパソコンはほとんどの作業を簡単にこなせるスペックになります。

 

さらに強いのがいい!という方は、ノートパソコンではなくデスクトップパソコンを選んだほうが良いです。

スペック的には、corei7の32GBと同じような物が多いですが、実はCPUそのもののスピードが違います。

これが、クロック数といわれるものです。数字がおおきければ大きいほど早くなります。

例:1GHz<2GHz<3GHz

 

ノートパソコンは、電源がないバッテリーの状態で駆動しなければいけません。

また、薄く小さく作る必要があるので、熱が逃げにくくなります。

そのため、一番電力を消費して、熱を発生させるCPUはスピードを落とさなければいけません。

このため、かなりの処理能力を必要とする方はデスクトップを選択肢に入れておくべきでしょう!

おすすめのメーカーとして、Panasonic, VAIO, HP, DELL, Lenovo, などが有名な信頼できるメーカーです。

 

さてさて、ここまで簡単にパソコンについてお話してきましたがいかがでしょうか?

みなさんのパソコン選びの役に立てたのなら嬉しいです!!

 

今回は、ちょっと短いですがここまでにしようと思います。

それでは!