appleとGoogle

appleとGoogle

みなさんいかがお過ごしですか?

大佐は最近暑くなってきてお手上げです。(笑)

さて、前回のブログでは安全運転について書きましたね!

みなさん覚えてましたか??そうそう、運転しないのが一番安全ってやつです!

(前回のブログはこちらから)

みんな覚えてましたよね!?ね!?

みなさん覚えてたんで、今日の内容行きましょう!←

さてさて、今日の内容ですがIT関係』について書いてみようと思います☻

最初に言っておきますが、私はITの専門知識があるわけでもITの勉強をしているわけでもありませんので、

あくまで素人目線での話になりますよ~。

 

appleとGoogleについて

今回は、appleとGoogleについて話したいと思います。

appleといえば創業者スティーブ・ジョブズが有名ですよね、

天才やカリスマなんて言われてかなりすごい人のイメージが強いですが、

実はかなりのくせものという半面があります。

スティーブ・ジョブズについて調べたり本を読んだことがある人なら、知っていると思いますが、

デザインが損なわれるから違法でもナンバーを付けないで車を運転したり、

スピード違反をしても金ならいくらでもあるといって何度も違反切符を切られたり、、、。

機嫌が悪い時になんの理由もなしにエレベーターの中で従業員をクビにしたなんて逸話もあります。

人間としてはなかなかの**野郎だったみたいです。(笑)

それはさておき、みなさんはapple派ですか?Google派ですか?

どっちも使わない人もいるかもしれません。

日本のiPhoneシェアはなんと、56.7%

データ引用元:スマートフォン・PCシェアデータBOOK – ソフトウェアテスト・第三者検証ならウェブレッジ

半数以上の人がiPhoneを使っているんです!

当社も社用携帯iPhone8を起用しています。

なので社員みんなにiPhone8が配布され仕事のやりとりは社用携帯をつかって仕事をしています。

実は私も高校生の時に初めて使った携帯がiPhone4でした。

ガラケーすら使ったことがなくって最初はかなり使い方に苦労しました。

それから、現在までずーとiPhoneやiPad、Macbookを使ってきています。

大学生のころは、iPhoneのパブリックベータといわれる最新のiOS(オペレーションシステムの略でiPhoneを

動かしているシステム。パソコンがパナソニックならそれを動かすwindowsと同じようなもの)

ダウンロードして新機能を周りのみんなに見せびらかせていた覚えがあります。

まあ、これは登録すれば誰でもダウンロードできるものだから特になにもすごくないんですけどね(笑)

iPhoneは、誰でも簡単に扱えるのが特徴です。

コンピュータに関する難しい作業は全部裏でやってくれています。

なのでiPhoneを使う人はやりたいことを命令すれば全部コンピューターが上手いことやってくれる感じです。

例えば写真を撮る時も、一眼カメラをやってる人なら分かると思いますが、

シャッタースピード、露出、ホワイトバランスなどなど、

様々な調整をして人間の目が見やすい写真を撮るわけですが、

iPhoneならアプリを開いて狙ってボタンを押せば自動的に最高の写真が撮れます。

こんな感じで何もかも自動で様々な処理をしてくれています。

iPhone利用者でアプリを使った後にホームボタンをダブルクリック

(ホームボタンがないiPhoneは画面下からスワイプアップしてホールド)して

アプリを完全に終了する人が結構います。

これはアプリが裏で勝手に動いてバッテリーを消費するのを防ぐためと言っている人が多いですが、

これは間違えです。

さっきも言ったようにiPhoneはユーザーよりもはるかに賢いです。

(あなたが賢くないと言っているわけではありませんよ)ですので、

一度使ったアプリは裏で自動的にメモリに移されて終了されています。

ですので基本アプリはわざわざ終了しなくてもバッテリーを消費することはありません。

”Windowsはマックのコピー製品にすぎません”

これはスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学でのスピーチで実際にいった言葉です。

彼は、ビルゲイツ(マイクロソフトの創業者)とよきライバルでした。

2人のエピソードを書いていると終わらなくなってしますので、Googleとの関係に戻ります。

appleの創業者は良く知られていますが、Googleの創業者はあまり知られていないイメージですが、

みなさん知っていますか?

Googleの創業者はラリーペイジという人です。

Googleもappleもたった1人で創業したわけではないので共同創業者になります。

そんなGoogleですが、androidを出しているのもこの会社です。

androidというとiPhone以外のスマートフォンをイメージする方が多いと思いますが、

実はGoogleが作っているソフトウェア(端末を動かすもの、ios、windows10など)のことなんです。

iPhoneと違ってGoogleはハードウェア(機械)をあまりつくりません。

どんどんソフトをいろんな会社の端末に売って様々なスマートフォンで使われるように設計されています。

そのため世界ではandroidのシェアのほうが圧倒的に多いです。

ここから両社の考え方の違いが見えてきましたね。

極端に言うとapple完璧主義者で端末もソフトも全てappleが設計した通りに動くので、

ユーザーが組み立てたり設定したりすることは限られています。

対照的にGoogle誰でも好きなようにカスタマイズすることが可能です。

そのためある程度知識があったほうが便利に使えます。

さてみなさんはapple派ですかそれともGoogle派ですか、、

ちなみにスティーブジョブズはandroidについてもiPhoneのパクリだと言っています(笑)

たしかにどっちも似ていますけど開発会社の考え方の違いがあるんですよね~。

大佐はかなりのめんどくさがり屋で自分で細かくカスタマイズしたり組み立てたりするのは嫌いなので

apple派です。

車はオートマで全て純正がいいし、出来れば自動運転で寝ながら移動したいと思っているくらい怠け者です(笑)

車好きの人からしたらなんてつまんねー奴だと思われるかもしれませんが、、、

さて、今日のおさらいです

1.スティーブジョブズは天才カリスマだけど、人格的にはかなりやばいやつだった

2.日本では世界と逆行してiPhoneのシェアが多い

3.iPhoneでアプリを強制終了しなくてもバッテリーの消耗には影響はない

4.iPhoneとアンドロイドには会社の考え方の違いで使い勝手の違いがある

でした!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後も豆知識や私の興味のある内容などを毎月書いていこうと思いますので、よろしくお願いします<(_ _)>

このブログの案内人

大佐

2018年4月入社のドライバー経験済みの男性社員。

このたびリクルートグループに配属になり、

これからブログに出てくることも多くなる…かもしれない(?)

英語がかなり得意。